OPEN IPv6 ダイナミック DNS for フレッツ・光ネクスト API マニュアル

OPEN IPv6 ダイナミック DNS for フレッツ・光ネクスト API マニュアル

「OPEN IPv6 ダイナミック DNS for フレッツ・光ネクスト」サービスのほぼすべての操作 (DDNS ホストの新規作成、IPv6 アドレスの更新、削除など) は、本 Web サイトから行うことができます。

しかしながら、数十個、数百個の IoT 機器や VPN ルータなどを広範囲に設置しようとする場合に、本 Web サイトのフォーム上で何度もホストの作成操作を行おうとすると、手数や時間がかかります。

 

そこで、本サービスでは、本 Web サイト上から行うことができるすべての操作について、より簡易的な HTTP API を準備し、HTTP API によるタスクの自動化を可能にしています。

 

HTTP API の考え方

シンプルなデータフォーマット

HTTP API は、任意の HTTP GET メソッド対応の HTTP クライアント・プログラムから呼び出すことができます。以下のように、呼び出しパラメータはすべてシンプルな QueryString 指定系の API となっており、また、応答されるデータはすべて CSV 形式となっています。したがって、HTTP API は、マイコンや IoT 機器などの省リソースの CPU やプログラムから呼び出すことができます。REST や SOAP のような複雑なクエリ文字列の生成、レスポンス文字列のパース処理は不要です。

 

HTTPS による高いセキュリティ

以下のすべての HTTP API は、「http://」という部分を「https://」に変更することにより、HTTPS 通信として呼び出すことが可能です。これにより、インターネットを経由して HTTP API を呼び出す際のセキュリティを高めることができます。

ただし、本 HTTP API は、マイコンや IoT 機器などの省リソースの CPU やプログラムから呼び出すことも想定しており、これらの小型機器では証明書チェーンの検証や SSL (TLS) の暗号化処理が難しい場合も多いことから、本サービスでは、今後も HTTP API を継続的に提供していく方針です。

 

IPv4 / IPv6 の両方のプロトコルによる API の呼び出しが可能 (フレッツ網内からも呼び出し可能)

本 HTTP API は、すべて IPv4 および IPv6 の両方のプロトコルから呼び出すことができます。

  • IPv4 版 API は、IPv4 インターネットから呼び出すことができます。
  • また、IPv6 版 API は、NTT 東日本のフレッツ・光ネクストの網内または IPv6 インターネットから呼び出すことができます。
  • 本 API サーバーは、NTT 東日本のフレッツ・光ネクスト網内に接続されていますので、NTT 東日本の 「フレッツ・光ネクスト」の IPv6 ネットワーク内 (網内折り返し通信) から本サービスの HTTP API の IPv6 版を呼び出す場合は、ISP 契約は必要ありません。
  • なお、IPv4 版、IPv6 版のいずれの API も、HTTPS API として呼び出すことができます。

 

レスポンス文字列

本 HTTP API にリクエストを送付すると、レスポンス文字列として以下のような UTF-8 テキストフォーマットが返却されます。

正常に処理された場合 (例)

RESULT:OK ← エラーコード。"OK" の場合は正常、それ以外はエラー。
RESULT_JA:正常に処理されました。 ← エラーコードの日本語解説文字列。ユーザーにはこの文字列をそのまま表示すれば良い。
RESULT_EN:The request has sucessfully completed. ← エラーコードの英語解説文字列。日本語を表示できない環境で表示する場合に便利。
RESULT_SIZE:123 ← このレスポンス部分に続く付加データのバイト数。
以下、CSV データ等

エラーが発生した場合 (例)

RESULT:SearchByMailAddressNotFound ← エラーコード。"OK" の場合は正常、それ以外はエラー。
RESULT_JA:指定されたメールアドレスで登録されているホスト情報が見つかりません。← エラーコードの日本語解説文字列。ユーザーにはこの文字列をそのまま表示すれば良い。
RESULT_EN:No registered DDNS hosts found with the specified email address. ← エラーコードの英語解説文字列。日本語を表示できない環境で表示する場合に便利。
RESULT_SIZE:15 ← このレスポンス部分に続く付加データのバイト数。
aaa@example.com

上記のように、「RESULT:」の行から「RESULT_SIZE:」の行までの間は、共通のエラーデータが記述されます。

「RESULT_SIZE:」の行は、共通のエラーデータ記述の最後に挿入されます。その後に、エラーデータを補足する拡張文字列が付加されます。

共通記述行は、現在のところ上記のみですが、今後増加する場合があります。ただし、その場合も、必ず最後は「RESULT_SIZE:」の行で終了しますので、エラー処理をプログラムで行う場合は、「RESULT_SIZE:」の行までで既知のフィールドを読み取るような処理にしてください。

 

 

1. DDNS ホスト新規登録 API (New API)

この API は、新しい DDNS ホストを作成・登録します。

 

HTTP リクエスト例

IPv4 版: http://ddnsapi-v4.open.ad.jp/api/new/?neko1=2001:c90::1,test@example.org&inu1=2401:AF80::1,test@example.org
IPv6 版: http://ddnsapi-v6.open.ad.jp/api/new/?neko1=2001:c90::1,test@example.org&inu1=2401:AF80::1,test@example.org
  • 一回の API 呼び出しで、複数の (最大 100 個) DDNS ホストを作成することができます。上記の例では、2 つのホスト (neko1, inu1) を同時に作成しています。もちろん、1 個のみ作成することもできます。
  • DDNS ホストを作成する際には、ホスト名を必ず指定します。また、ホスト名に続き、イコール (=) 文字を書き、初期 IPv6 アドレス、および関連付けるメールアドレスを指定できます。
  • 初期 IPv6 アドレスおよび関連付けるメールアドレスの両方を指定する場合は、それらのパラメータの間をカンマ (,) で区切ります。
  • 初期 IPv6 アドレスを明示的に指定しない場合の挙動は、以下のとおりです。
    • IPv4 版の API が呼び出された場合は、「::1」というループバック IPv6 アドレスが初期設定されます。
    • IPv6 版の API が呼び出された場合は、その API の呼び出し元の HTTP クライアントの IPv6 アドレスが初期設定されます。すなわち、たとえばコンピュータからこの API を呼び出すと、そのコンピュータの LAN カード (eth0 など) の IPv6 アドレスが初期設定されることになります。

 

HTTP レスポンス例

RESULT:OK
RESULT_JA:正常に処理されました。
RESULT_EN:The request has successfully completed.
RESULT_SIZE:683
#Key,Fqdn,Hostname,IPv6,UpdateHostFqdn,UpdateHostIPv6,Mail,Create,LastRenew,LastQuery,NumRenew,NumQuery,CreateSrcIP,LastRenewSrcIP
7AF958665BEB601253,neko1.i.open.ad.jp,neko1,2001:c90::1,update-7af958665beb601253.i.open.ad.jp,2409:11:c0e0:47a:f958:665b:eb60:1253,test@example.org,(以後省略)
41C705C4834C608A82,inu1.i.open.ad.jp,inu1,2401:af80::1,update-41c705c4834c608a82.i.open.ad.jp,2409:11:c0e0:441:c705:c483:4c60:8a82,test@example.org,(以後省略)
  • 正常に作成が完了すると、CSV データで、作成が完了した DDNS ホストの一覧データが返却されます。
  • CSV データの 1 行目は、CSV の各カラムの説明です。
  • CSV データの 2 行目以降は、作成された DDNS ホストに関するデータが列挙されます。(1 個の DDNS ホストあたり 1 行)
  • ここで返却されるホストキーは、以後、この DDNS ホストに対する何らかの操作を行う際に必ず必要ですので、保存しておく必要があります。

 

備考: CSV で返却されるデータのカラムの内容

  • Key: DDNS ホストキー (18 文字)。
  • Fqdn: DDNS ホストの FQDN (フル形式のホスト名 + ドメイン名)。
  • Hostname: DDNS ホスト名。
  • IPv6: DDNS ホストに関連付けられた IPv6 アドレス。
  • UpdateHostFqdn: DDNS ホストの「専用更新ホスト名」。ここに任意の IPv6 パケットを送付すると、当該 DDNS ホストの IPv6 アドレスは、そのパケットの送信元 IPv6 アドレスに置き換わる。
  • UpdateHostIPv6: DDNS ホストの「専用更新アドレス」。ここに任意の IPv6 パケットを送付すると、当該 DDNS ホストの IPv6 アドレスは、そのパケットの送信元 IPv6 アドレスに置き換わる。
  • Mail: DDNS ホストに関連付けられたメールアドレス。
  • Create: DDNS ホスト作成日時。
  • LastRenew: DDNS ホストの IPv6 アドレス更新日時。
  • LastQuery: DDNS ホストに対する名前解決クエリがあった最終日時。
  • NumRenew: DDNS ホストの IPv6 アドレス更新回数。
  • NumQuery: DDNS ホストに対する名前解決クエリがあった回数。
  • CreateSrcIP: DDNS ホスト作成時の要求元 IP アドレス。
  • LastRenewSrcIP: DDNS ホストの最後の IPv6 アドレス更新要求元 IP アドレス。

CSV で返却されるカラムは、今後追加される可能性があります。また、カラムの順序は変更となる可能性があります。そのため、CSV 応答を受信するプログラムは、CSV の 1 行目に記載されているカラム一覧をパースし、何番目のカラムがどの情報を含んでいるか判別をする必要があります。

 

2. DDNS ホスト削除 API (Delete API)

この API は、作成済みの DDNS ホストを削除します。

なお、DDNS ホストを一旦削除すると、その DDNS ホスト名は解放されますので、誰でも、新たにその DDNS ホスト名と同一のホスト名を新規作成することができます。そのため、もし DDNS ホスト名を他のユーザーに再利用されたくない場合は、あえて DDNS ホストを削除せずに、そのまま使用せずに放置しておくことをお勧めします。

 

HTTP リクエスト例

IPv4 版: http://ddnsapi-v4.open.ad.jp/api/delete/?AB0D6B7669AFC12439&347E16E6116B55FE82
IPv6 版: http://ddnsapi-v6.open.ad.jp/api/delete/?AB0D6B7669AFC12439&347E16E6116B55FE82
  • パラメータとして、上記のように、DDNS ホストキーを指定します。
  • 一回の API 呼び出しで、複数の (最大 1024 個) DDNS ホストを削除することができます。上記の例では、2 つのホスト (AB0D6B7669AFC12439, 347E16E6116B55FE82) を同時に削除しています。もちろん、1 個のみ削除することもできます。

 

HTTP レスポンス例

RESULT:OK
RESULT_JA:正常に処理されました。
RESULT_EN:The request has sucessfully completed.
RESULT_SIZE:683
#Key,Fqdn,Hostname,IPv6,UpdateHostFqdn,UpdateHostIPv6,Mail,Create,LastRenew,LastQuery,NumRenew,NumQuery,CreateSrcIP,LastRenewSrcIP
※ 「1. DDNS ホスト新規登録 API (New API)」と同等のフィールド一覧 (API 呼び出し時点の最新情報) が、CSV で返却されます。

 

3. DDNS ホスト IPv6 アドレス 更新 API (Renew API)

この API は、DDNS ホストに関連付けられている IPv6 アドレス (すなわち、そのホスト名に対する DNS クエリに対して本サービスから応答される AAAA レコード内の IPv6 アドレス) を更新 (変更) します。

 

HTTP リクエスト例

IPv4 版: http://ddnsapi-v4.open.ad.jp/api/renew/?7AF958665BEB601253=2001::1&41C705C4834C608A82=2002::2
IPv6 版: http://ddnsapi-v6.open.ad.jp/api/renew/?7AF958665BEB601253=2001::1&41C705C4834C608A82=2002::2
  • パラメータとして、上記のように、DDNS ホストキーを指定します。
  • DDNS ホストキーに続いてイコール文字 (=) を書き、次に上記のように IPv6 アドレスを指定します。
    (IPv6 アドレスを省略することもできます。その場合の挙動は、下述のとおりです。)
  • 一回の API 呼び出しで、複数の (最大 1024 個) DDNS ホストの IPv6 アドレスを更新することができます。上記の例では、2 つのホスト (7AF958665BEB601253, 41C705C4834C608A82) を同時に更新しています。もちろん、1 個のみ更新することもできます。
  • 新しい IPv6 アドレスを明示的に指定しない場合 (DDNS ホストキーのみ指定した場合) の挙動は、以下のとおりです。
    • IPv4 版の API が呼び出された場合は、「::1」というループバック IPv6 アドレスが設定されます。
    • IPv6 版の API が呼び出された場合は、その API の呼び出し元の HTTP クライアントの IPv6 アドレスが設定されます。すなわち、たとえばコンピュータからこの API を呼び出すと、そのコンピュータの LAN カード (eth0 など) の IPv6 アドレスが設定されることになります。これは、たとえば VPN ルータや IoT 機器などから定期的に本 HTTP URL を呼び出す設定にすることで、当該機器等の IPv6 アドレスを常に DDNS ホスト名に対して更新し続ける挙動を実現するために便利です。

 

HTTP レスポンス例

RESULT:OK
RESULT_JA:正常に処理されました。
RESULT_EN:The request has sucessfully completed.
RESULT_SIZE:683
#Key,Fqdn,Hostname,IPv6,UpdateHostFqdn,UpdateHostIPv6,Mail,Create,LastRenew,LastQuery,NumRenew,NumQuery,CreateSrcIP,LastRenewSrcIP
※ 「1. DDNS ホスト新規登録 API (New API)」と同等のフィールド一覧 (API 呼び出し時点の最新情報) が、CSV で返却されます。

 

 

4. DDNS ホスト名変更 API (ChangeHostname API)

この API は、DDNS ホストのホスト名を変更します。

なお、DDNS ホスト名を変更すると、古い DDNS ホスト名は解放されますので、誰でも、新たにその古い DDNS ホスト名と同一のホスト名を新規作成することができます。そのため、もし DDNS ホスト名を他のユーザーに再利用されたくない場合は、あえて DDNS ホスト名を変更せずに、新しく別のホスト名で DDNS ホストを作成することをおすすめします。

 

HTTP リクエスト例

IPv4 版: http://ddnsapi-v4.open.ad.jp/api/changehostname/?7AF958665BEB601253=neko2&41C705C4834C608A82=inu2
IPv6 版: http://ddnsapi-v6.open.ad.jp/api/changehostname/?7AF958665BEB601253=neko2&41C705C4834C608A82=inu2
  • パラメータとして、上記のように、DDNS ホストキーを指定します。
  • DDNS ホストキーに続いてイコール文字 (=) を書き、次に、新しい DDNS ホスト名を指定します。
  • 一回の API 呼び出しで、複数の (最大 1024 個) DDNS ホストのホスト名を変更することができます。上記の例では、2 つのホスト (7AF958665BEB601253, 41C705C4834C608A82) を同時に変更しています。もちろん、1 個のみ変更することもできます。
  • 変更先のホスト名がすでに存在している場合は、エラーとなります。。

 

HTTP レスポンス例

RESULT:OK
RESULT_JA:正常に処理されました。
RESULT_EN:The request has sucessfully completed.
RESULT_SIZE:683
#Key,Fqdn,Hostname,IPv6,UpdateHostFqdn,UpdateHostIPv6,Mail,Create,LastRenew,LastQuery,NumRenew,NumQuery,CreateSrcIP,LastRenewSrcIP
※ 「1. DDNS ホスト新規登録 API (New API)」と同等のフィールド一覧 (API 呼び出し時点の最新情報) が、CSV で返却されます。

 

 

5. DDNS ホスト関連付けメールアドレス変更 API (ChangeMail API)

この API は、DDNS ホストの関連付けメールアドレスを変更します。

 

HTTP リクエスト例

IPv4 版: http://ddnsapi-v4.open.ad.jp/api/changemail/?7AF958665BEB601253=test2@example.org
IPv6 版: http://ddnsapi-v6.open.ad.jp/api/changemail/?7AF958665BEB601253=test2@example.org
  • パラメータとして、上記のように、DDNS ホストキーを指定します。
  • DDNS ホストキーに続いてイコール文字 (=) を書き、次に、新しいメールアドレスを指定します。
  • 一回の API 呼び出しで、複数の (最大 1024 個) DDNS ホストのホスト名を変更することができます。上記の例では、1 つのホスト (7AF958665BEB601253) を変更しています。もちろん、2 個以上のホストを同時に変更することもできます。

 

HTTP レスポンス例

RESULT:OK
RESULT_JA:正常に処理されました。
RESULT_EN:The request has sucessfully completed.
RESULT_SIZE:683
#Key,Fqdn,Hostname,IPv6,UpdateHostFqdn,UpdateHostIPv6,Mail,Create,LastRenew,LastQuery,NumRenew,NumQuery,CreateSrcIP,LastRenewSrcIP
※ 「1. DDNS ホスト新規登録 API (New API)」と同等のフィールド一覧 (API 呼び出し時点の最新情報) が、CSV で返却されます。

 

 

6. DDNS ホスト状態取得 API (Status API)

この API は、DDNS ホストの最新状態を取得します。

「1. DDNS ホスト新規登録 API (New API)」の「備考」に列挙されているフィールド一覧と同一の情報を取得することができます。多数の DDNS ホストを管理している際に便利です。

 

HTTP リクエスト例

IPv4 版: http://ddnsapi-v4.open.ad.jp/api/status/?7AF958665BEB601253
IPv6 版: http://ddnsapi-v6.open.ad.jp/api/status/?7AF958665BEB601253
  • パラメータとして、上記のように、DDNS ホストキーを指定します。
  • なお、DDNS ホストキーの代わりに、DDNS ホスト名を指定することもできます。この場合は、一部の秘密情報 (ホストキーなど) は *hidden* と表示され、取得できません。
  • 一回の API 呼び出しで、複数の (最大 1024 個) DDNS ホストの情報を取得することができます。上記の例では、1 つのホスト (7AF958665BEB601253) の情報を取得しています。もちろん、2 個以上のホスト情報を同時に取得することもできます。

 

HTTP レスポンス例

RESULT:OK
RESULT_JA:正常に処理されました。
RESULT_EN:The request has sucessfully completed.
RESULT_SIZE:683
#Key,Fqdn,Hostname,IPv6,UpdateHostFqdn,UpdateHostIPv6,Mail,Create,LastRenew,LastQuery,NumRenew,NumQuery,CreateSrcIP,LastRenewSrcIP
※ 「1. DDNS ホスト新規登録 API (New API)」と同等のフィールド一覧 (API 呼び出し時点の最新情報) が、CSV で返却されます。

 

 

7. DDNS ホスト変更履歴取得 API (History API)

この API は、DDNS ホストに関する最近の変更履歴を表示します。変更履歴は、直近の 10 件程度が表示されます。

当該 DDNS ホストに関連付けられている IPv6 アドレスがいつ、どのような理由で変更されたのかをまとめて取得することができます。

 

HTTP リクエスト例

IPv4 版: http://ddnsapi-v4.open.ad.jp/api/history/?7AF958665BEB601253
IPv6 版: http://ddnsapi-v6.open.ad.jp/api/history/?7AF958665BEB601253
  • パラメータとして、上記のように、DDNS ホストキーを指定します。
  • 一回の API 呼び出しで、複数の (最大 1024 個) DDNS ホストの情報を取得することができます。上記の例では、1 つのホスト (7AF958665BEB601253) の情報を取得しています。もちろん、2 個以上のホスト情報を同時に取得することもできます。

 

HTTP レスポンス例

RESULT:OK
RESULT_JA:正常に処理されました。
RESULT_EN:The request has sucessfully completed.
RESULT_SIZE:736
#SeqNo,TimeStamp,Key,Fqdn,Hostname,Action,Ip,ApiType,LastQuery,ApiSrcIp
10235,20160611_150419,7AF958665BEB601253,neko1.i.open.ad.jp,neko1,new,2001:c90::1,httpapi,2401:af80:8000:0:38c0:dc35:b5a3:d55e
10245,20160611_150748,7AF958665BEB601253,neko1.i.open.ad.jp,neko1,renew,::1,httpapi,2401:af80:8000:0:38c0:dc35:b5a3:d55e
10248,20160611_150836,7AF958665BEB601253,neko2.i.open.ad.jp,neko2,changehostname,::1,httpapi,2401:af80:8000:0:38c0:dc35:b5a3:d55e
10250,20160611_151133,7AF958665BEB601253,neko2.i.open.ad.jp,neko2,renew,2401:af80:8000:0:38c0:dc35:b5a3:d55e,update-packet,2401:af80::123
10251,20160611_151208,7AF958665BEB601253,neko2.i.open.ad.jp,neko2,renew,12::43,web,2401:af80:8000:0:38c0:dc35:b5a3:d55e

 

備考: CSV で返却されるデータのカラムの内容

  • SeqNo: シーケンス番号 (本システム全体でユニークな連番)
  • TimeStamp: イベント発生日時
  • Key: DDNS ホストキー (18 文字)
  • Fqdn: DDNS ホストの FQDN (フル形式のホスト名 + ドメイン名)
  • Hostname: DDNS ホスト名
  • Action: イベント内容 (new: 新規作成, renew: IPv6 アドレス更新, changehostname: ホスト名の変更, delete: 削除)
  • Ip: イベント発生原因の要求元 IP アドレス
  • ApiType: イベント発生原因となった API 要求の種類 (http, web, update-packet 等)
  • LastQuery: DDNS ホストに対する名前解決クエリがあった最終日時
  • ApiSrcIp: API 呼び出し元 IP アドレス

CSV で返却されるカラムは、今後追加される可能性があります。また、カラムの順序は変更となる可能性があります。そのため、CSV 応答を受信するプログラムは、CSV の 1 行目に記載されているカラム一覧をパースし、何番目のカラムがどの情報を含んでいるか判別をする必要があります。

 

8. DDNS ホストキーの再発行 API (Recovery API)

この API は、DDNS ホストキーを紛失してしまった場合に、DDNS ホストキーの発行時に登録されていたメールアドレス宛に、登録ホストキーの一覧を送付するためのものです。

 

HTTP リクエスト例

IPv4 版: http://ddnsapi-v4.open.ad.jp/api/recovery/?test@example.org
IPv6 版: http://ddnsapi-v6.open.ad.jp/api/recovery/?test@example.org
  • パラメータとして、上記のように、メールアドレスを 1 件のみ指定します。

 

HTTP レスポンス例

RESULT:OK
RESULT_JA:正常に処理されました。
RESULT_EN:The request has successfully completed.
RESULT_SIZE:0

上記の HTTP レスポンスを返却すると同時に、指定されたメールアドレス宛に、登録ホストキーの一覧を送付します。

 

 

ping 等を送信することによる DDNS ホストの IPv6 アドレス更新等の挙動に関する仕様書

DDNS ホストを作成した後に提供される「更新専用ホスト名」または「更新専用アドレス」によって示される IPv6 アドレスに対して、何らかの IPv6 パケット (TCP, UDP または ICMP であればいずれでも可) を 1 パケット以上送信すると、その瞬間に、当該 DDNS ホストに関連付けられている IPv6 アドレスが、当該 IPv6 パケットの送信元 IPv6 アドレス (IPv6 パケットのソースアドレス) に書き換わります。

これは、スクリプトを定期的に動作させることができない専用デバイスや IoT 機器での使用方法 で説明されているように、HTTP API を定期的に呼び出すクライアントスクリプトや cron デーモンなどを動作させることができない (ユーザーに対してそのようなカスタマイズを行う手段を提供していない) IoT デバイスや各種 IPv6 対応電子機器 (監視カメラ等) を本 DDNS サービスと共に利用したい場合に大変便利です。

 

「更新専用ホスト名」または「更新専用アドレス」で示される IPv6 アドレスに、本サービスの特殊な API サーバーが動作しています。当該 API サーバーは、「更新専用ホスト名」または「更新専用アドレス」で示される IPv6 アドレス宛の着信パケットを常に Listen しています。任意の IPv6 パケットが届いたことを検出すると、その IPv6 パケットの種類が何であっても、対応する DDNS ホストに係る IPv6 アドレスを、当該 IPv6 パケットのソースアドレスに書き換えます。

 

したがって、「更新専用ホスト名」または「更新専用アドレス」で示される IPv6 アドレスは一種の秘密鍵 (パスワード) としての性質を有します。実際、18 文字のホストキー文字列には 72 bit のデータが含まれ、72 bit の秘密鍵として作用していますが、「更新専用ホスト名」または「更新専用アドレス」で示される IPv6 アドレスの末尾 72 bit の IPv6 アドレスデータはこの 72 bit のホストキーと同一のビット列によって構成されています。「更新専用ホスト名」または「更新専用アドレス」で示される IPv6 アドレスを他人に教えることは、ホストキーを他人に教えることと同一の意味を有しますから、必要がない限り、「更新専用ホスト名」または「更新専用アドレス」で示される IPv6 アドレスを他人に教えないようにしてください。

 

「更新専用ホスト名」または「更新専用アドレス」で示される IPv6 アドレスに、IPv6 パケットを送付した場合は、以下のような応答パケットを返す場合があります。

  • ICMP Echo パケットを送信した場合は、ICMP Reply パケットが返却されます (ただし、パケットロス等の技術上の理由によりパケットが消失することがあり、必ず返却される保証はありません)。
  • DNS クエリパケットを送信した場合は、DNS レスポンスパケットが返却されます。この場合は、IPv4 および IPv6 インターネットから取得したレスポンス結果が格納されることが期待できます (ただし、保証はされません)。
  • NTP クライアントパケットを送信した場合は、現在時刻が返却されます (ただし、パケットロス等の技術上の理由によりパケットが消失することがあり、必ず返却される保証はありません)。
  • TCP ポート 80 (http) に対して TCP 接続した場合は、HTTP サーバー (Apache) が応答をし、無意味なページを返します。
  • その他のパケットを送付した場合は、無視されるか、ICMP エラーが返却されます。

 

その他、以下のような注意点があります。

  • 「更新専用ホスト名」 (FQDN) は本サービスが継続する限り永続的ですが、「更新専用アドレス」の IPv6 アドレスは変更になる可能性があります。
  • したがって、やむを得ない事由がない限り、デバイス側には 「更新専用ホスト名」 (FQDN) を指定するようにしてください。

 

本機能の使用方法について、詳しくは、以下のリンクをクリックしてください。

 

 

 

OPEN IPv6 ダイナミック DNS for フレッツ・光ネクスト
Copyright © 2016-2017 SoftEther Corporation. All Rights Reserved. 利用条件 / プライバシー・ポリシー | 本 DDNS サービスの社会的意義 | お問い合わせ
「フレッツ」は、NTT 東日本および NTT 西日本の登録商標です。本サービスは、NTT 東日本のフレッツ・光ネクスト用 DDNS サービスですが、ソフトイーサによって開発・提供されており、NTT 東日本によって提供されているものではありません。